マイナビから有料将棋ソフトが「激指14」(2015年11月27日発売)を最後に出ていないのは、「将棋新世紀PonaX」(2014年5月30日発売)がバグだらけで回収に終わった失敗もあるでしょうが、私が思うにフリーソフトの「将棋所」や「ShogiGUI」が便利すぎて、商品として売れないからだと思われます。

「Apery」や「技巧」などのオープンソースの思考エンジンと組み合わせて使うだけで、局面の検討に関してはトッププロを超える読みが行えます。激指シリーズはそれでも、女流棋士の読み上げとかいろいろな付加価値はついていますが、ほとんどのアマチュアにとって必要なのは検討機能でしょう。

しかし、それに関しては現在はフリーソフトが名人級に強くなってしまいなんとでもなっちゃいます。また、最近2017年3月には詰将棋を解くエンジン「脊尾詰(せおづめ)」もフリーで公開されており、もはや有料ソフトの魅力ってなんぞや?というレベルに来てしまっています。

リンク

将棋GUIソフト「将棋所」のページ

ShogiGUI 将棋GUIソフトウェア

GitHub - gikou-official/Gikou: 将棋ソフト「技巧」

Apery open source shogi engine

脊尾詰 詰め将棋の解答専用の思考エンジン

売れない商品

マイナビ 将棋レボリューション 激指14

マイナビ 将棋レボリューション 激指14

  • 出版社/メーカー: マイナビ
  • 発売日: 2015/11/27
  • メディア: CD-ROM
  • この商品を含むブログ (1件) を見る